海外旅行

タリン旧市街ぶらり散歩 vol. 3 (エストニア)

タリン旧市街ぶらり散歩 vol. 1 (エストニア)
タリン旧市街ぶらり散歩 vol. 2 (エストニア)
に引き続き・・・

タリン散歩記事もこれで最終章。
クレジットカードが使えず(暗証番号を知らなかったせいで)、
持ち合わせのユーロも少なかったのでレストランでランチが
できなかったタリン観光・・・笑。本当に情けない。
小腹が空いたので、通りで売られていたスナックを買うことに。
CIMG3710_convert_20130724164345.jpg
何やらアーモンドを煎る綺麗なお姉さん。
バルト三国は美人が多いと聞きましたが、
どうやら本当のようですね★
CIMG3682_convert_20130724164412.jpg
ニューヨークの街頭でも似たようなアーモンドを
売ってるのオジサンをよく見かけますよね。
売っている人が少し小汚いオジサンではなく、
綺麗な女性なら外国の街頭販売も不思議と
購買意欲がわきますね。
私の中身がオジサンなのでしょうね。笑。
CIMG3711_convert_20130724164445.jpg
エストニア語はサッパリ分かりませんが、
キャラメルやカレー味など、4種類のアーモンドでした。
無難にキャラメルを購入しましたが、なかなか
美味しかったです◎
ランチできずにお腹ぺこぺこだったってのもあるけど(^^;)

少しお腹も満たされた所で少し広場を離れた高台へ。
CIMG3704_convert_20130724215450.jpg
アレクサンドル・ネフスキー教会
実際に初めて目にしたロシア正教の教会でした。
訪れる女性たちは皆、布で髪を覆っていたので
イスラム教のような雰囲気でしたよ。(中は撮影禁止)
CIMG3700_convert_20130724121051.jpg
賑やかな広場を離れると、かなり静かで物寂しい雰囲気。
IMG_8806_convert_20130724121009.jpg
ゆっくりと時間が流れていました。
IMG_8817_convert_20130724120935.jpg
訪れたのは観光地だったので、
すれ違う人々の大半が観光客だったというのもあり
本当のエストニアの人々の暮らしぶりを
肌で感じることはできなかったのが残念でした。
IMG_8820_convert_20130724121332.jpg
フェリーの時間があるので名残惜しくも帰路に就くことに。
IMG_8821_convert_20130724214035.jpg
通りで絵を売るおじいさん。
いつも思うけど、街頭販売の絵を買う人っているのかな。
日本人はぼったくられるので買わない方が無難ですよね。
IMG_8827_convert_20130724121251.jpg
旧市街の観光だけなら、
半日もあれば十分タリンを楽しめます。
IMG_8840_convert_20130724121121.jpg
フィガロで紹介されているようなお洒落な
雑貨たちはきっと旧市街ではなく、別のタリンの
繁華街などで見つけることができるのでしょう。
時間があればそちらも散策したかったなぁ。
CIMG3685_convert_20130724121956.jpg
窓辺に飾られた可愛いカエルちゃん。
これからフィンランドへ無事カエル。私。

歴史情緒溢れる素敵な街、タリン。

北欧へ旅行する機会があれば是非、
日帰りでも訪れて頂きたい街です。

いつかまたここを訪れる日が来るといいな。
スポンサーサイト

タリン旧市街ぶらり散歩 vol. 2 (エストニア)

タリン旧市街ぶらり散歩 vol. 1 (エストニア)に引き続き・・・

タリン旧市街のタウンホールスクエア(Town Hall Square)
と呼ばれる街の中心となる広場。観光客が大勢集まっています。
CIMG3646_convert_20130724114844.jpg
ランチタイムになりオープンデッキで食事を楽しむ人が
増えはじめていました。
CIMG3647_convert_20130724114805.jpg
食事しているのは地元の人というよりは観光客なのかな。
CIMG3648_convert_20130724114956.jpg
スクエアの中央では色々なものが売られたマーケットが。
変わったもの(あまり日本人向きではないような感じ)
が沢山売られていました。
CIMG3688_convert_20130724115256.jpg
タウンホールの展望台にも一応のぼってみました。
IMG_8852_convert_20130724215306.jpg

CIMG3695_convert_20130724115335.jpg
小さくそんなに高くない塔でしたが
聖オレフ教会からとはひと味違い、
建物との距離感が近くてなかなか良かったですよ。

さてお土産探しでもしましょうかね。
CIMG3644_convert_20130724115626.jpg
CIMG3661_convert_20130724115716.jpg
可愛い看板娘たち。
CIMG3645_convert_20130724115956.jpg
旧ソ連の名残なのかな?日本でも数年前から人気のロシア生まれの
お人形オトメマトリョーシカ。8サイズで25EURって・・・
どうなの?高い気がするけど相場がわかりません笑。
CIMG3653_convert_20130724120026.jpg
これは12サイズセット。
マトリョーシカは首から上を取り外すことができ、
大きいマトリョーシカに小さいマトリョーシカを収納して行けば
12体が1体にまとまるんです。
CIMG3662_convert_20130724120104.jpg
色やサイズも豊富でした。
沢山いすぎてちょっと怖いけど。
CIMG3655_convert_20130724120133.jpg
可愛いミニチュアのお家はなんとキャンドルホルダー♪
並べているだけでも可愛いですね。
でもこれってタリンの旧市街の建物のミニチュアではない気が。
CIMG3657_convert_20130724120224.jpg
タリン旧市街が描かれた鍋敷き。
CIMG3659_convert_20130724120305.jpg
地元のアーティストのものらしいです。
食事用ってよりは観賞用として可愛いな♪
CIMG3660_convert_20130724120422.jpg
個人的に好きなカエルのマグ。
こんなデザインのカエル、日本にはない!
CIMG3666_convert_20130724120452.jpg
エストニアっぽい変わった雑貨屋さんを発見。
CIMG3667_convert_20130724120548.jpg
素焼きの器やキャンドル。
CIMG3668_convert_20130724120641.jpg
先が尖った変わった靴。しかも結構いいお値段。
CIMG3669_convert_20130724120900.jpg
一体何屋さんなんだろうか?笑
CIMG3671_convert_20130724120826.jpg
ディスプレイはなんだか可愛い♡
でも欲しいものはなかったな・・・笑。
雰囲気だけ楽しませて頂きました♪
小さなお店にスタッフ3人もいて、
だいぶ特殊な商品展開・・・
こんなので経営なりたつのかな〜?不思議やわー。

エストニアで注意ポイントはクレジットカードでの
お買い物の際にPINナンバー(暗唱番号)を
尋ねられること!
自分のカードでも設定した覚えがなかったりすること
ありませんか?日本では番号を知らなくても
「サインでお願いします」で通用するけれど
ここではパスポートを提示してもサインは不可。
海外旅行前には注意した方が良さそうです。

vol.3(最終章)に続きます→

タリン旧市街ぶらり散歩 vol. 1 (エストニア)

先日、書店に立ち寄った時にふと目を惹いたとある雑誌の特集・・・

FIGARO(フィガロ・ジャポン)8月号。
『バルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)特集』
BNF4ZTeCYAAqIXU_convert_20130724132216.jpg
去年の夏にエストニアを訪れたこともあり、
手に取らずにはいられませんでした。

エストニアの首都タリン。人口は40万人。
ソ連崩壊後に再び独立してから著しく発展し、
EU、NATOの加盟国でもあります。
バルト三国の中で経済状況は一番良好と言われていて、
タリンにおける観光産業は国の大きな財源の1つのようです。

タリンの旧市街(別称: 歴史地区) は
ユネスコの世界遺産に登録されていることもあり、
スカンジナビア諸国へ旅する時にあえてプラスした観光地です。
IMG_8743_convert_20130724112405.jpg

CIMG3717_convert_20130724112452.jpg
フィンランドのヘルシンキから高速船で1.5〜2時間で行けることから
北欧周遊旅行の日帰りプランとして日本人にも人気だそうです。
私は個人旅行のプランでしたが、ヘルシンキの乗り場には
日本人スタッフも居たので戸惑うこと無くすんなりフェリーに
乗り込むことができました。
(上の写真はタリンの港にて)

IMG_8748_convert_20130724112531.jpg
見えて来ました。タリンで一番高い塔を持つといわれている
聖オレフ教会 (St. Olaf's Church)!
CIMG3588_convert_20130724112557.jpg
天気に恵まれ、気持ちの良い散歩道。
IMG_8749_convert_20130724112635.jpg
意外にカラフルな建物も多かったです。
CIMG3593_convert_20130724112907.jpg
こうゆう景色、いいなぁ〜。
スカンジナビアではあまりなかった石畳の道。
CIMG3594_convert_20130724112739.jpg
旧市街へつながる入り口のようでした。
入り口を抜けると・・・
CIMG3596_convert_20130724112820.jpg
掲げられたエストニアフラッグ。
ブルー・ブラック・ホワイトの3色。あまり馴染みがないですね。
これを機に覚えることが出来ました。
CIMG3629_convert_20130724113821.jpg
やはり旧市街と言われるだけあり、痛んでいる建物もちらほら。
CIMG3632_convert_20130724113912.jpg
狭い路地も多く、迷路のようでした。
CIMG3633_convert_20130724113737.jpg
古い街並を堪能しつつ、
いざ待ちに待った聖オレフ教会の展望台へ・・・!
IMG_8769_convert_20130724113404.jpg

CIMG3619_convert_20130724113432.jpg
IMG_8768_convert_20130724113512.jpg
街で一番高い位置(聖オレフ教会)からのタリンの街並。
赤レンガの屋根や石畳が古き良きヨーロッパの街並らしく
そのまま残されている、小さくて可愛らしい街でした。
高い建物がないところが京都に似ていて、なんだかホッコリ。
タリンを訪れたら必ずここはのぼって下さいね〜!
CIMG3637_convert_20130724114455.jpg
まだランチタイムには早い時間帯だったので
お客さんのいないカフェ。
CIMG3640_convert_20130724114424.jpg
家具や雑貨も洗練されていますね。
CIMG3656_convert_20130724114536.jpg
顔のように見える窓の扉以上に注目すべきは
ブタのプランター。すごいセンスです笑。
CIMG3635_convert_20130724114137.jpg
旧市街の中心へ近づいて来ると少しずつお店も増えて来ました。
CIMG3636_convert_20130724114058.jpg
か、可愛い?やらしい顔の看板猫が
偉そうに腰掛けているスーベニアショップ。

何か面白いもの見つからないかな〜?と
ウキウキし出したところで・・・

vol.2 に続きます→(^O^)/

魅惑のハンバーガー紀行 (New York/ San Francisco)

アメリカンフードの代名詞である

ハンバーガー

ワンコインで食べられることも大きな魅力の1つだった
であろう、マクドナルドのハンバーガー。
そんなマクドナルドも最近ではワンコインどころか
ほとんどがセットで600円以上しますね。
高い!という声が多くあがる日本から一歩外に出て、
本場アメリカへ渡れば、マクドナルドは決して高くないことが
判明します。量も多いけれどね。笑。

ハンバーガーの世界はアメリカでは
日本人が思っている以上に奥が深いようです。

アメリカには本当に沢山のバーガーショップがありますね。
西海岸での留学時代はマクドナルド、バーガーキング、
Wendy's, Jack in The Box, Carl's Jr., IN-N-OUTなどの
国内広域でチェーン展開しているバーガーショップしか
行ったことがなかったし、さほど興味もありませんでした。
社会人になって訪れたニューヨークには
そういった大型チェーン店以外に
小規模展開のバーガーショップが数多く有り
そのメニューやこだわりには単なるジャンクフードとは
言いがたい、奥深い世界があることを知りました。

ハンバーガー=ジャンクなファーストフードではないのです。

中に挟まったハンバーグ(パテ)の焼き具合の
好みなんて聞かれたりするんですよ?
まるでレストランですよね笑。

そんなニューヨークで食べた
ハンバーガーコレクション★

SHAKE SHACK/ シェイク シャック
NY発、セレブシェフのダニー・メイヤーによる
有名ハンバーガーショップ。ガイドブックでは
ニューヨーク旅行には外せないスポットでもあるみたい。
観光客も含め、お店には地元の人でいつも長蛇の列!
CIMG5156_convert_20130610162401.jpg
シャックバーガーは単品で4.55ドル。
この後続々登場して来るバーガーと比べればリーズナブル。
とはいえ、ポテトやドリンク、激甘シェイク、
人気のフローズン・カスタードを一緒に頼んだら
10ドルじゃおさまりませんけどね。笑。
CIMG5158_convert_20130610162422.jpg
バンの程よいふわふわ感が美味しいです。
ここでハンバーガーにおけるバンの重要性を教わりました。

「ハンバーガーって美味しい!」
ここから私のハンバーグ紀行がスタートしたわけです。


Burger Joint/ バーガー・ジョイント
ル・パーカー・メリディアン・ホテルのロビー横に隠れ家的に
ある人気のバーガーショップ。
全米のメディアでも多くとりあげられているお店のよう。
壁に掲載された記事が沢山貼られていましたよ。
CIMG5160_convert_20130610162551.jpg
お店は暗めの照明にウッディな暖かみのある雰囲気でレストランみたい。
CIMG5159_convert_20130610165217.jpg
なかなかのポテトのボリューム。
CIMG5161_convert_20130610162526.jpg
柔らかめのバンに良い焼き加減のスモーキーなパテ。
そのジューシーさに食欲がそそられました。美味しい!
CIMG5163_convert_20130610162610.jpg
バーガー単品で8ドルほどします。
一口かじった後の写真でごめんなさい笑。

New York Burger Co./ ニューヨークバーガー
チェルシーのTRADER JOE'Sの向かいにあってずっと気になっていた
ハンバーガージョップ。ここが他と違うポイントは2つあって、
1つ目はミニサイズがあること。子供用サイズですね。
小腹が空いた時にもピッタリ。
めちゃ可愛い。↓
IMG_5073_convert_20130610163115.jpg
分かりにくいけどレギュラーサイズの6〜7割くらいのサイズ。
IMG_5070_convert_20130610162916.jpg
レギュラーサイズが7.49ドル。ミニサイズが3.99ドル。
焼き具合も選べ、私たちはミディアムレアに。
柔らかくてほんのり甘いバンが気に入りました。
カリっと揚げられた、写真でも存在感の半端ない
オニオンリングもGOOD〜♪

そして2つ目のポイントがソースの豊富さ☆↓
IMG_5072_convert_20130610171709.jpg
ケチャップ、チリペッパーケチャップ、バーベキュー、
ニューヨークバーガーソース、チポレ・ハニーの5種。
これほどのソースの豊富なバーガーショップは初めてです。
バーガーやポテトにお好みでつけて楽しめます♪ウキウキしますね。


BRGR/ バーガー
素材にこだわったバーガーが売りで環境ホルモンや
抗生物質とは無縁のナチュラルビーフのパテが自慢。
IMG_5048_convert_20130610163041.jpg
私が頼んだのは(1番安いのに)7.95ドル(もする)
The Beautiful Day BRGR/ビューティフルデイ・バーガー。
好みの焼き具合に仕上げてくれる100%グラスフェッドビーフに
アメリカンチーズがとろ〜り。
バンはこだわりを感じるパン屋さんのような食感。
これだけこだわって美味しくないワケないでしょ〜。
これで微妙だったら怒りますよ!ほんと。笑。
ポテトも頼まず、これとアイスティーだけで
11ドル65セントもした事実に動揺しながら食べたことが
忘れられません。

健康を意識してナチュラルだのオーガニックだのにこだわった
高品質なハンバーガーを高価格で食べるくらいなら、
家で大人しく納豆と玄米とみそ汁を食べる方がよっぽど
健康的ではなかったのかとしみじみ思った帰り道でした。

そんなニューヨークはここまで!

ここまで書いたついでに
西海岸でダントツ大好きな
IN-N-OUT/ イン・アンド・アウト
(インネンドアウトと発音するといいと教わりました)
やっぱりここですよね〜。とにかくコスパが半端ない。
普通のバーガーもチーズバーガーも2ドル以下。
その値段でちゃんと美味しいと来たら言うことなし。
CIMG5314_convert_20130610162735.jpg
なんで西海岸にしかないのでしょうね。
ポテトは断然アニマルスタイルですね。
(炒めたタマネギにサウザンアイランドドレッシングを
トッピングしてくれる裏メニューです♪)
カリフォルニアではここは外せません。
絶対。絶対。絶対。


ハンバーガーを見てたらアメリカが少し
恋しくなりました。少しだけね。

アボガドのワカモレ♪思い出のRosa Mexicano(New York)

今年になってメキシコ料理に取り憑かれた私。

それはニューヨークで行った、

Rosa Mexicano/ローザ・メキシカーノ

というメキシカンレストランがきっかけです。
北米には4年の留学経験がある私なのに
こんなに美味しいメキシカンを食べたのは初めてでした。
後からHPを見ていたら、私の住んでいた西海岸でも
ロサンゼルスとサンフランシスコにあったみたい。
知らなかったなぁ。
その頃にこのお店を知っていたとしても、
学生だった私にはちょっと敷居が高かっただろうけど。笑。

ニューヨーカーで知らない人はいないほど
定番の人気店なんだとか。

ローザだけに(?)ピンク色を基調とした
店内はモダンなラテンテイストに溢れ、
気取り過ぎないカジュアルな雰囲気。
その中で見つける遊びゴコロのある
ユニークなインテリアに心が躍る感じ。

私はユニオンスクエア店のランチタイムに
行って来ました♪

アボカドが大好きな私が頼んだのは、
もちろん!ワカモレ (Guacamole)
rm5
ペーストされたアボカドにトマトやタマネギ、
ハラペーニョ、パクチー、オリーブオイル、ライム、塩を
混ぜ合わせて作られるこちら。
石(岩?笑)のようなユーモアな器で出て来ました。

こんな風にテーブルサイドで作ってくれます。
rm1
左手前からタマネギとトマト、左奥にパクチーとその横は
ハラペーニョかな?
rm2
材料はシンプルなのにめちゃくちゃ美味しい!
シンプルだからいいのかな〜?
rm4
こんな感じでチリソース、ハラペーニョソースと
コーンチップスを一緒にサーブしてくれます。
アペタイザーとして頼んだワカモレ。
美味しくてメインの料理が届く前に
お腹がいっぱいになるほど食べてしまいました。笑。

そしてメインのこちら♪
rm3
奥が ケサディア (Quesadillas)
トルティーヤにチキンなどの具材を挟んだサンドイッチのような料理。
薄っぺらい見た目の割になかなかの食べ応え。
手前が エンチラーダス (Enchiladas)
トルティーヤに具材を詰めて唐辛子ソースをかけた料理。
見た目は違うけど、ソースを除けばケサディアと材料はほぼ同じ。
2つとも中の具材は主に肉、チーズ、豆、ジャガイモ、野菜など。
お肉、豆、チーズにチリソース、ハラペーニョ、パクチー(香草)
などのコンビネーションがたまりません。

アメリカに行く時には、絶対行きたいレストランの1つです。
日本にもこんなに素敵なメキシカンレストランがあればいいのに♪

そんな休日のおうちランチにワカモレを
買っておいたアボカドで作ってみましたよ♪
IMG_5916_convert_20130610133001.jpg
近くのスーパーで1個129円でした。
以前、別のスーパーで99円で買ったアボカドは
なかなか柔らかくならず、結局固いまま黒くなりました。
スーパーでのアボカド選びって重要ですね。
以下を参考にしてみて下さい♪

<アボカドの選びのポイント>
◯ヘタに隙間がなく、ヘタが取れていない
◯皮に張りとツヤがある
◯色が濃い


IMG_5917_convert_20130610133557.jpg
アボカド1個、ミニトマト6個、タマネギ小半分、
オリーブオイル大1、レモン汁小1、塩適量(おこのみで)だけの
シンプルレシピ。アボカドの熟し具合もちょうど良く、
トマトもタマネギも甘かったので美味♡
本当はコーンチップスが良かったけれど、
今日はクラッカーを代用★
パンにのせて食べても美味しいですね。

< 健康memo : アボカド >

アボカドは満腹感を感じやすく、
タンパク質や各種ビタミン・ミネラル、
体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する消化酵素、
代謝を高め脂肪を燃焼させエネルギーを作るオレイン酸、
尿の量を増やすカリウム、便の量を増やす食物繊維も豊富。

高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防
がん予防、便秘改善
に効果があります。

但し、体に良いからといって食べ過ぎはダメ!
1日1/2個までにしておかないといけないようです。

Rosa Mexicano UNION SQUARE
9 EAST 18TH STREET
NEW YORK, NY 10003
TEL: 212.533.3350
FAX: 212.533.5530
http://www.rosamexicano.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。