2015年03月

絶品カヌレの「カヌレ」(京都/ 河原町二条)

「カヌレ」というお菓子はご存知ですか?

カヌレ
正式名称は
カヌレ・ド・ボルドー/ Cannelésde Bordeaux

フランスの伝統菓子です。

その名にも含まれている通り、
フランス南西部のボルドー地方生まれ。
日本でも数年前にブームになったので、
日本では比較的認知度の高い洋菓子ではないかな?

カヌレとは、溝がついた模様を意味するそうで、
カヌレの焼き型に縦に溝が入っていることからその名が付いたそうです。

材料は、卵、バター、小麦粉、砂糖、牛乳。
そんなシンプルなお菓子の基本材料にラム酒等で香りを加えたもの。
それを表面が焦げたような濃い茶褐色になるまで焼くので、
まわりはカリカリッとした食感。
original-1_convert_20130617132423.jpeg

それと対照的に中の生地は、
カスタード風味のもちっとした弾力のある食感。
そんな食感のコントラストと素朴な味わいが
魅力のカヌレ。

私のお気に入りの洋菓子の一つです。

そんなカヌレが京都で一番美味しいお店は
その名もそのまま「カヌレ」さん。
IMG_5296_convert_20130617122414.jpg
河原町二条の交差点の角のビルの5階にあり、
ちょっと目立たないけど可愛い看板がでているので
すぐ分かると思います☆
入り口がなんだかメルヘンでなんとも可愛い。

京都でパティシエやフレンチシェフをしている友人たちも皆、
こんな小さなカフェの名物カヌレを知っていて、
美味しいと評判なくらいなんですよ。
確かに、ここのカヌレの中のしっとりモチモチ感は
なかなか味わえません!
このサクッモチッ感にはハマってしまいます。
でもどこか素朴な味わいにほっこり。
洋菓子なのに昔懐かしい感じがします。

1つ300円、3つ800円、5こ1300円です。

ここのお姉さんがほんわかした癒し系の雰囲気で
とても可愛いのもお気に入りの理由の1つ。笑。

カヌレの味もさることながら・・・

ビルの5階という立地もあり、開放感のある雰囲気。
都会の高層ビルからの景色とはひと味違って、
京都らしい落ち着いた景色が望めるので
背伸びせずリラックスしたひとときを過ごせそうなスペースです。
original-7_convert_20130617132838.jpeg
少し女性っぽいけど、大人っぽくアンティークな
雰囲気で落ち着くインテリア。
ピンクのようなパープルのような色の壁なのに
いやらしい感じがなくお店のぬくもりを感じます。
パリジェンヌな感じがします。違います?笑
original-2_convert_20130617133300.jpeg
ここへ来る時はいつもカルネのテイクアウトで
実際はここでカフェしたことがないから、
今度来る時はのんびりカフェしたいなー♪

昼間しか来たことが無い私ですが、
夜はキャンドルや間接照明で
ロマンチックな雰囲気になるらしいので
食後のデザートを頂きにくるのもいいかもしれません♪

もちろんカヌレ以外にも美味しそうなケーキが
多数あります!私はアップルケーキが気になりつつも、
いつもカヌレにしちゃいますが・・・

女子会にもデートにもおすすめですよ(^-^*)
このあたりには京都らしい和モダンなお洒落で
美味しいレストランやカフェが沢山ありますが、
ここも是非候補に挙げてみられてはいかがでしょう。

original_convert_20130617134600.jpeg
<おまけ>ショップカードも可愛い♪

カヌレ
京都府京都市中京区河原町二条上ル清水町362 JOYビル 5F
075-756-2041 12:00~24:00 不定休



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。